赤ちゃん歯科

マイナス1歳から始める口腔育成

口は非常に大切な器官です。食べたり、話したり人が生きる上で欠かせません。食べれなくなれば病気になります。また呼吸の問題やそこから生じる各種の異常も起こりやすくなります。歯科として口腔を観察していく中で、こどもたちの多くが虫歯だけでなく、顔の周りの筋肉やあごの骨の成長不良、はならびの不正など多くの問題があることがわかります。こどもたちが健康に成長していく上で、口腔育成は重要な分野です。こんどう小児歯科では、赤ちゃんがお腹の中にいる頃から、成長期にかけて総合的な指導を行っています。赤ちゃんのためにできることがあります。ぜひ赤ちゃん教室を開催していますのでご参加ください。

 

お母さんの体操 赤ちゃんが心地いいと感じることがお腹の中でのびのびと育つために必要なことです。お母さんも心地いと思える、簡単な体操を指導します。

抱っこの仕方、道具の選び方教室 赤ちゃんがのびのびと育つためには『赤ちゃんが動かしたいように体を動かせる』ことが必要です。赤ちゃんはどのように発達していくのでしょうか、私たちが気をつけるべき点はあるでしょうか。

離乳食食べることの喜びはこどもたちの好奇心を一層広げ、豊かな心を育みます。しかし、離乳食には様々な考え方がありお母さんたちを悩ませます。こどもたちの発育にどのような離乳食がふさわしいのかお話しします。

歯磨き 食赤ちゃんの頃から歯磨きの知識を得ておき虫歯のない健康的なお口を育てることができます。